トップへ » 最新設備をそろえた医院 » インプラントQ&A

インプラントの適応症は?

■ブリッジで両隣の健康な歯を削ることに抵抗のある方
ブリッジ治療をする場合、ブリッジの土台にするために虫歯がなくても隣の歯を削る必要があり ます。
場合によっては、削るだけでなく神経を抜かなくてはならなくなります。
インプラント治療なら、隣の歯を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することができます。

■一番奥の歯を失い、ブリッジができない方
ブリッジは、両隣に支えとなる歯がないと治療ができません。
一番奥の歯を失った場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかになります。たった一本の欠損に「入れ歯」を使うということに抵抗を感じる方にはインプラントがお勧めです。

■入れ歯を取り外して清掃することにわずらわしさを感じる方
入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりません。
家族の前ですら、入れ歯をはずしているところを見られたくないという方は多くいらっしゃいます。清掃が不十分だと歯周病(歯槽膿漏)の原因となります。

■入れ歯が合わず何度も作り直している方
入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がどんどんやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れることがあります。

■固いものが噛めず食事を楽しめない方
入れ歯は天然歯の1/10程度の咀嚼圧になります。総入れ歯の場合は特に硬いものを噛むときに痛みを覚えます。
また、歯肉全体を入れ歯の装置が覆うので、食べ物の触感や温度が分かりにくくなり食事の楽しみが半減してしまいます。

■入れ歯でしゃべりにくい方
入れ歯を使い始めてすぐは、発音のしづらさを感じます。人前で話す機会の多い方や英語を話す方は入れ歯により発音が不明瞭になります。



どのようにインプラントを行う歯医者を選ぶべきでしょうか?

まずは、今インターネットで検索するとおびただしい歯科医院が見つかると思います。
施術を受けるための現在の最低条件として、歯科用CTを持っていることと、個室手術室があることが設備としては必須です。また、しっかりと納得いくまで説明をしてもらえること。様々な質問に対してスムーズに答えられること。注意すべきは、CTや専用個室の手術室がないのにインプラントセンターやインプラント研究所と書いてある医院。これは避けるべきだと思います。
標榜は自由ですが、設備が整っていないということは衛生面でも疑問が生じます。
再度申し上げます。CT(できれば歯科用)を常備していて、個室の専用の手術室があること。この2つが最低そろっていないとインプラントセンターとは呼びがたいと思います。
その他にも詳しくはこちらに書いております。

インプラント治療になぜCTが重要なのですか?

インプラント治療を安全に行う上で最も大切な事は、神経・血管などを傷つけないように適切なインプラントの長さ/大きさを選択する事です。
CTは、ほぼ原寸大の大きさで確認出来るため、安全にインプラント治療を実施する為の、適切なインプラントの長さ/大きさ選択する事が出来ます。

【上顎洞/下歯槽管神経;重要な解剖学的条件】
 インプラント治療を行う上で、上顎/下顎共に特に注意をしなければならない
 重要な解剖学的条件があります。
 * 上顎は、『上顎洞』という副鼻腔です。
   頭部には沢山の空洞があります。目も鼻も口もそうですが、
   その他に鼻腔に隣接した副鼻腔という4つの空洞があります。
   その副鼻腔の1つに『上顎洞』という目の下辺りの頬の内部に空洞があります。
   『上顎洞』は、上顎臼歯部(上顎の奥歯)にインプラントを行う上で注意が
   必要となります。インプラント治療は、骨内に支持を求めていくのですが、
   上顎洞には骨が無いので、上顎洞までの距離を測定し骨量が不足している
   場合には、上顎洞内にサイナスリフト、ソケットリフトという方法での骨造成が必要となります。
   

* 下顎は、『下歯槽管神経』です。
   『下歯槽管神経』は、下顎の知覚・感覚をつかさどる神経です。
   『下歯槽管神経』に触れると、アゴの部分の感覚が麻痺する恐れがあります。
   『下歯槽管神経』までの距離を測定する事は、下顎のインプラント治療を行う上で
    必須です。その距離から適切なインプラントの長さを決定し治療にあたります。

インプラント手術後に注意することはありますか?

手術当日は、激しい運動、入浴(長湯しなければシャワー等は問題ありません)、飲酒も避けてください。
また、感染を防ぐため、出された薬をきちんと飲んでください。うがい薬は手術翌日から使い、患部を清潔に保ってください。

インプラント治療が適用できない場合はありますか?

以下の方は症状によりインプラント治療が適用できない場合があります。

・顎の骨の成長が終わっていない、概ね20才以下の方
・歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
・アルコール依存症の方
・CT撮影を行っていない方
・チタンアレルギーの方

以下の方は症状によりインプラント治療が可能の場合がございますので、一度ご相談ください。

・高血圧
・心臓病(狭心症、心筋梗塞、弁膜症、人工弁置換術後、ペースメーカー埋め込みなど)
・脳血管障  害(脳梗塞、脳出血など)
・糖尿病、腎臓病(慢性腎不全、腎透析など)
・甲状腺疾患、血液疾患(白血病、再生不良性貧 血など)

インプラント手術の際に入院が必要ですか?

基本的には入院の必要はありません。
手術当日にお帰りいただけます。
ただし、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には入院して手術を行なうこともあります。

治療期間と費用はどのくらいかかるのでしょうか?

インプラントを埋入した部位や個人によって差がありますが、2ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。

歯を失っている部分が1本だけであれば当然治療期間も短くすみます。
逆に複数の歯を失っていれば、治療期間は長くなってきます。

当院の費用にはCT撮影費、麻酔費用が含まれていることにご注目ください。他院ではこれだけで10万円程度はかかるはずです。

費用は奥歯で見た目を気にされないということであれば、
国産インプラント体18万円(ドイツ製の場合25万円)+既成アバットメント4万円(ドイツ製の場合6万円)+ハイブリッドセラミッククラウンまたは合金クラウン8万円(ジルコニアクラウンの場合14万円)で30万円となります。

費用は前歯の治療がもっとも高価となってきます。なぜなら審美的用件を満たさなければならないからです。

前歯の場合ドイツ製インプラント体1本25万円+ジルコニアアバットメント8~10万円+ジルコニアクラウン15万円で50万円前後が目安となります。骨の造成が必要な際は別途となります。

何かご質問があれば無料相談も行っておりますので045-849-1344へお電話ください。

インプラントの利点と欠点は何ですか?

【インプラントの利点】
固定式なので、安定性がよい
自分の歯と同じような感覚で噛む事ができ、食べ物の味や感触が良くわかる
周りの歯を傷つけない
残っている歯を守ることができる
入れ歯の安定に用いる方法もある
入れ歯の違和感をなくすことができる


【インプラントの欠点】
外科手術を行う
健康保険適応外なので、高価である
治療期間がかかることもある(骨造成が必要な場合等特別な際)

関連ページリンク

最新設備をそろえた医院痛くない!無痛治療審美歯科矯正歯科歯周病治療
歯内治療金属アレルギー治療入れ歯・虫歯治療
小児歯科・咬合誘導口腔外科症例紹介料金表インプラントQ&A
金属アレルギーQ&A殺水菌Q&A歯周病Q&A


トップへ » 最新設備をそろえた医院 » インプラントQ&A


文字サイズ
を変更する