トップへ » 最新設備をそろえた医院 » お子様の治療について

お子様の治療(小児歯科)・かみ合わせの誘導(咬合誘導)

今でこそ、小児歯科・咬合誘導という言葉が少しづつ認知されてきておりますが、なじみにくい方もいらっしゃるかと思います。

お子様の歯医者選び、皆様迷われるかと思います。

小さい子が病院と場所を嫌うのは仕方がないことです。当院ではできるだけ歯医者らしさを感じさせないようにしております。待合室内にはキッズスペースを設けました。ご兄弟でお越し頂いたときは、キッズスペース内で遊んでいて頂く、またお母様の治療の際もご遠慮なくお子様を連れてきて頂けるようにしております。

治療内容としては、小さな虫歯の治療が多くを占めております。ただし、早期治療が肝要で、できるだけお子様が痛い・しみるという言葉を発する前にお連れ頂きたいと思います。仕上げ磨きをしていて、少し黒いかもな・・・と思ったら、その時点で当院へお連れください。予想以上にお子様の虫歯の進行は早いものです。見た目が少し黒いだけでも中で大きく広がってしまっていることも珍しくありません。

また、生え替わりも気になるところですね。ポイントは左右対称かどうかです。片方が抜けたのに反対側が中々抜けない・生えてこない。これは注意した方がよろしいです。永久歯が顎の中でよその方向を向いていたりすることがあります。そのままではきちんと生えてこなかったり・・・なんてことにならないように気になったら当院へお越しください。

さらに生え替わりにも関係するのですが、お子様の歯並び、かみ合わせもとても大切です。早いうちからの治療は成長という成人になってからでは決して用いることのできないものを利用できます。そのため、かみ合わせの誘導(咬合誘導)といいます。顎の小さい子は広げてあげたり、かみ合わせの低い子は高さを上げてあげたり。早いうちにやっておくと、成長を利用しながら治療が行えます。

乳歯は、予防歯科がとっても大切。

乳歯は永久歯に比較するとやわらかく、虫歯の進行が速いため、早期発見が重要です。ただし、虫歯にならないように早期予防をすることがもっと大切なこととなります。

乳歯の奥歯は形態が複雑で溝が深いため、予防のためのシーラント(溝を浅く埋める治療法)、フッ素塗布が効果的です。

たいていの虫歯は白いプラスチック(コンポジットレジン)での治療が可能です。

ただし、神経まで達してしまった虫歯など時によっては金属を作ることもあります。

「よい顔」を作りたい。咬合誘導

咬合誘導(こうごうゆうどう)とは、乳歯列期または乳歯と永久歯が混在した状態で行う矯正です。
この矯正には、大人の永久歯列矯正治療にはないメリットがたくさんあります。
そのなかでも一番にあげられるのは、「歯並びを治すだけでなく、歯を正しく機能させて、『よい顔』を作る」という点ではないでしょうか。

お子さんのかみ合わせ・歯並びは、まだまだ確立されていません。乳歯期に治療することで、成長を利用しつつ、咬み合わせを良い方向に導くことが可能となるのです。

当院は歯科医師・スタッフ一同子供が大好き。時にはお子さんと遊びながら、治療を進めてまいります。

もちろん、時には厳しく接することも。治療ですからね。

咬合誘導の症例紹介

【オーバーレイ、DAW(ダブルアーチワイヤー)を用いての咬合誘導】
咬合誘導症例
※自由診療全般に保証期間を設けております。

関連ページリンク

最新設備をそろえた医院痛くない!無痛治療審美歯科矯正歯科歯周病治療
歯内治療金属アレルギー治療入れ歯・虫歯治療
小児歯科・咬合誘導口腔外科症例紹介料金表インプラントQ&A
金属アレルギーQ&A殺水菌Q&A歯周病Q&A

自由診療は無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 最新設備をそろえた医院 » お子様の治療について


文字サイズ
を変更する