トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 殺菌水Q&A

殺菌水(次亜塩素酸水)の効果は?

殺菌水にはたくさんの効果が期待できますが、特に効果があるものが3点あります。

1、虫歯菌を除去し、虫歯になりにくいお口の状態を作ります
2、心臓病や糖尿病の原因にもなる歯周病菌を除去します。
3、口臭の予防に役立ちます。

3つのキーワード虫歯菌・歯周病菌・口臭の効果について、一つずつご説明いたしましょう。

1、虫歯菌を除去します 虫歯や歯周病は唾液感染する病気です。親子間や夫婦間などの家族を中心とする身近な方からの感染がほとんどであり、その予防には、家族内で虫歯や歯周病の感染に関する知識を共有し、実施する必要性があります。

殺菌水を使い虫歯菌を除去し、家族みんなで予防することにより虫歯にかかる率が断然低くなります。

2、歯周病でお悩みの方へ日本人の成人の80%ほどが、歯周病菌を口内に有しているとされています。

歯周病は、口臭の原因以外にも、悪化すると心臓病や糖尿病の原因にもなる厄介な病原菌なのです。これまで、虫歯菌や歯周病菌を殺菌するためには、抗生物質などの薬剤や酸性の洗口剤が用いられてきましたが、虫歯菌や歯周病菌は、バイオフィルムという頑丈な膜に覆われていて、中々容易に殺菌できませんでした。

しかし、この殺菌水ならバイオフィルムを破壊する効果があります。

3、口臭の気になる方へ口臭の気になる方へも朗報です!!
人体への影響を最小限に抑えつつ、バイオフィルムを作る虫歯菌や歯周病菌を溶菌する効果のある口腔機能水(殺菌水)です。
この殺菌水は口臭の原因菌を除去することができます。

4、その他にこのような症状のある患者さまにお勧めします歯肉から出血する
口臭が気になる
口の中がベトベトする
虫歯になりやすい
歯がグラグラする
歯ぐきが腫れている
このような症状でお悩みの患者さまは一度ご相談ください。

5、当院では殺菌水(次亜塩素酸水)を500mlボトルにて販売しています
                                   ・・・詳しくは受付まで

殺菌水(次亜塩素酸水)の家庭での使用法は?

殺菌水(次亜塩素酸水)の使用方法

(1)歯ブラシ、フロス、舌ブラシ等で、食後や就寝前に充分に歯磨きをします。(歯磨きペースト等は通常通りにご使用いただいて大丈夫です)

(2)しっかりと水で口をすすぎます。

(3)殺菌水を口に含みます。
(目安の量はキャップ一杯程度です)

(4)ブクブクうがいを約30秒間行います。

※20度の殺菌水が40度に温まると殺菌力は 4倍 になります。
・殺菌水の入ったコップを湯せんにひたし、温めて下さい。
・殺菌水と同じ量のお湯を入れてください。

殺菌水の保存の方法
常温にて保存してください。
直射日光や 40℃ 以上になる場所は避けて下さい。
冷凍、冷蔵はしないで下さい。
使用後は、しっかりとキャップを閉めて下さい。
1~3ヶ月以内に使い切り下さい。
(使用期限をすぎたモノは殺菌効果が減少します。)
使用頻度に制限はありませんので、安心して積極的にお使いください。
使用上の注意
衣類の素材によっては色落ちするおそれがあります。
人体への安全性が確認されていますが、使用後、万が一体調の異変などを感じられた場合にはご使用をおやめください。
歯周病の程度によって、効果には個人差があります。
バイオフィルムを完全に除去するには殺菌水に加え定期的なPMTCを受けることをお勧めしております。
殺菌水は歯の揺れを止めたり、虫歯の痛みを治すものではありません。

殺菌水とはなんですか?

当院で使用している殺菌水は、次亜塩素酸水(中性電解機能水)です。
次亜塩素酸は、人体に元来備わっている殺菌成分です。人間の体内で、白血球が細菌を殺す過程で主に作用するものです。次亜塩素酸を用いた治療法は、この殺菌力と安全性に着目した治療法なのです。

パーフェクトペリオがテレビで有名になりましたが殺菌成分は同じ物になります。当院のシステムはよりバイオフィルム分解に重きを置いた、濃度、pHにコントロールしております。

特に歯周病治療に大きな効果を発揮しますが、当院では親知らずの抜歯時や外科処置後の洗浄など様々な用途に使っております。

また、ご家庭でホームケア用としてもお使い頂けます。

殺菌水を用いた治療にはどのようなものがありますか?

最も有用なのが歯周病治療になります。
歯周ポケット内の洗浄や歯石の除去に高濃度次亜塩素酸水を用いると非常に早く歯肉の腫れが収まります。
1日でお口の中全体を掃除すれば驚くべき治癒を示してくれます。
ただし、当院で殺菌水を用いた歯周病治療は保険適応はございません。
ワンデイペリオ(1日で全体の歯周病治療)は麻酔費用込みで10万円となります。
本当に治したいという方にお勧めいたします。

なぜ歯科医院に殺菌水が必要なのですか?

当院にはホームケア用だけでなく、手洗いから治療に用いる全ての水が殺菌水になっております。ただし、濃度は歯周病治療やホームケアに用いる物よりも薄くなっております。

当院の水は100%最近は存在し得ません。このシステムは日本に500医院しか普及しておりません。

さて、本題です。長くなりますがお読みください。

歯科治療ユニットで利用される治療水の多くが、多量の細菌で汚染されている事実があります。

歯科施設で利用されている水道水は、通常の蛇口からの採取で細菌はほとんど存在せず、残留塩素濃度が4ppm以上に保たれています。

しかし、この水道水を利用しているはずの歯科治療用ユニットの先端(治療器から出る水・うがい用の水・他)から採取した水を調査すると、報告により70%~100%の割合で、安全な水道水の基準(100cfu/ml以下)を超える、多量の細菌の存在が確認されています。

<資料は多数あるのですが、日本の歯科大学で調査したものをご参照ください。>

【参考資料】通常の歯科治療に利用されているデンタルユニット水を調査。月曜始業前に、タービン末端で平均220,000CFU/mlの水中生菌を確認し、水ラインチューブのいたるところでバイオフィルムの形成が認められた。

●サンプリングした水ラインでは、全てのユニットの配管ボックス内に中空糸素材の水除菌フィルター(0.1μm)が設置されていた。
●エアタービンには全て逆流防止装置がついていた。
●スリーウェイシリンジは末端に治療ごとの使い捨てチップを使用していた。
私立大歯学部の歯科治療水調査(2001)

一般で可能とされる予防法を採っているにもかかわらず、歯科ユニットの水の汚染は防げていないわけです。

歯を削る水、うがいをする水、治療に用いる水が汚染されていては元も子もありません。そのため、当院では人体には安全であり、水自体に殺菌効果を有する水を生成する装置を導入いたしました。

殺菌水は安全なのですか?

安全です。飲んでしまっても問題ありません。

なぜなら次亜塩素酸は、人体に元来備わっている殺菌成分です。人間の体内で、白血球が細菌を殺す過程で主に作用するものです。次亜塩素酸を用いた治療法は、この殺菌力と安全性に着目した治療法なのです。

元来人間が持ち合わせている成分なのでご心配なさらなくて大丈夫です。

だからこそホームケアでも安心してお使い頂けます。

実際、当院スタッフのお父様は間違えて飲んでしまったという話もあるくらいですので・・・苦笑


トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 殺菌水Q&A


文字サイズ
を変更する