2009年12月 « トップへ » 2010年4月

2010年3月16日

歯科医師・歯科衛生士を募集します

職種 歯科医師・歯科衛生士
仕事内容 歯科診療全般
必要とする技術 ・やる気!
・患者様を大切に思える心!
・向上心!
・スタッフを大切にできること!
ひと言PR 患者様が順調に増えているので、共に医院を盛り上げてください。基本は担当医制です。院長はICOI(国際インプラント学会)認定医です。歯科麻酔学会認定医が常勤なので、インプラント手術はすべて鎮静下で行うことができます。
また、医院にはCT・殺菌水等の最新設備があり自由に使って頂けます。保険診療も行いますが、インプラント・審美歯科の自由診療に力を入れていて、保険で回すスタイルではありません。
しっかりと患者様と向き合いたい方、共に成長しましょう!できる限りの指導いたします。

興味がおありの方はまずお電話ください。詳細はお電話にてお伝えいたします。
045-849-1344
★見学随時受け付けております。
★スタッフ同士とても仲の良い医院です。先進治療を学びたい方是非!

2010年3月 1日

インプラントの適応症は?

■ブリッジで両隣の健康な歯を削ることに抵抗のある方
ブリッジ治療をする場合、ブリッジの土台にするために虫歯がなくても隣の歯を削る必要があり ます。
場合によっては、削るだけでなく神経を抜かなくてはならなくなります。
インプラント治療なら、隣の歯を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することができます。

■一番奥の歯を失い、ブリッジができない方
ブリッジは、両隣に支えとなる歯がないと治療ができません。
一番奥の歯を失った場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかになります。たった一本の欠損に「入れ歯」を使うということに抵抗を感じる方にはインプラントがお勧めです。

■入れ歯を取り外して清掃することにわずらわしさを感じる方
入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりません。
家族の前ですら、入れ歯をはずしているところを見られたくないという方は多くいらっしゃいます。清掃が不十分だと歯周病(歯槽膿漏)の原因となります。

■入れ歯が合わず何度も作り直している方
入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がどんどんやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れることがあります。

■固いものが噛めず食事を楽しめない方
入れ歯は天然歯の1/10程度の咀嚼圧になります。総入れ歯の場合は特に硬いものを噛むときに痛みを覚えます。
また、歯肉全体を入れ歯の装置が覆うので、食べ物の触感や温度が分かりにくくなり食事の楽しみが半減してしまいます。

■入れ歯でしゃべりにくい方
入れ歯を使い始めてすぐは、発音のしづらさを感じます。人前で話す機会の多い方や英語を話す方は入れ歯により発音が不明瞭になります。




2009年12月 « トップへ » 2010年4月


文字サイズ
を変更する