2009年10月 « トップへ » 2009年12月

2009年11月18日

どのようにインプラントを行う歯医者を選ぶべきでしょうか?

まずは、今インターネットで検索するとおびただしい歯科医院が見つかると思います。
施術を受けるための現在の最低条件として、歯科用CTを持っていることと、個室手術室があることが設備としては必須です。また、しっかりと納得いくまで説明をしてもらえること。様々な質問に対してスムーズに答えられること。注意すべきは、CTや専用個室の手術室がないのにインプラントセンターやインプラント研究所と書いてある医院。これは避けるべきだと思います。
標榜は自由ですが、設備が整っていないということは衛生面でも疑問が生じます。
再度申し上げます。CT(できれば歯科用)を常備していて、個室の専用の手術室があること。この2つが最低そろっていないとインプラントセンターとは呼びがたいと思います。
その他にも詳しくはこちらに書いております。

2009年11月17日

インプラント治療になぜCTが重要なのですか?

インプラント治療を安全に行う上で最も大切な事は、神経・血管などを傷つけないように適切なインプラントの長さ/大きさを選択する事です。
CTは、ほぼ原寸大の大きさで確認出来るため、安全にインプラント治療を実施する為の、適切なインプラントの長さ/大きさ選択する事が出来ます。

【上顎洞/下歯槽管神経;重要な解剖学的条件】
 インプラント治療を行う上で、上顎/下顎共に特に注意をしなければならない
 重要な解剖学的条件があります。
 * 上顎は、『上顎洞』という副鼻腔です。
   頭部には沢山の空洞があります。目も鼻も口もそうですが、
   その他に鼻腔に隣接した副鼻腔という4つの空洞があります。
   その副鼻腔の1つに『上顎洞』という目の下辺りの頬の内部に空洞があります。
   『上顎洞』は、上顎臼歯部(上顎の奥歯)にインプラントを行う上で注意が
   必要となります。インプラント治療は、骨内に支持を求めていくのですが、
   上顎洞には骨が無いので、上顎洞までの距離を測定し骨量が不足している
   場合には、上顎洞内にサイナスリフト、ソケットリフトという方法での骨造成が必要となります。
   

* 下顎は、『下歯槽管神経』です。
   『下歯槽管神経』は、下顎の知覚・感覚をつかさどる神経です。
   『下歯槽管神経』に触れると、アゴの部分の感覚が麻痺する恐れがあります。
   『下歯槽管神経』までの距離を測定する事は、下顎のインプラント治療を行う上で
    必須です。その距離から適切なインプラントの長さを決定し治療にあたります。

金属アレルギーの治療法は?

ピアス、ネックレス、指輪などの装飾品を外し、口腔内の金属を完全に除去します。順次セラミックに置き換えていきますが、治療する歯が多い場合には咬み合わせを乱さないように少しずつ進めます。インプラントは部分入れ歯やブリッジと異なり、金属を用いない人工歯冠が可能です。インプラントは純チタン製であるため金属アレルギーを起こしにくいです。インプラントが不可能な場合にはオールプラスチック義歯や純チタンやチタン金合金のブリッジを使用します。

金属アレルギーとは?


私たちは飲料水や食品の重金属汚染には敏感ですが、口の中の金属には意外に無頓着です。口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。その結果、皮膚炎や肌のシミ・しわなどを生じるようになります。また、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。これらのさまざまな症状を「金属アレルギー」と呼びます。口の中の金属によるアレルギーの危険性はピアスやネックレスによる感作によって発症しやすくなりますが、発症しない場合でも長い期間にわたる金属の体内蓄積によって身体的リスクが増大します。現時点で最も懸念されていることは、口の中の金属のよって免疫力が低下し、老化や発癌が促進されてしまうのではないかということです。

金属アレルギーの原因は?

金属アレルギーの発現頻度はピアスなどの装飾品による場合が多く、口の中の金属の発症比率は少ないのですが、金属アレルギーとわからないまま慢性的な症状が続いたり、明確な症状が出ないために金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があります。アマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)はアレルギーをおこしやすいのですが、金合金であっても、アレルギーを起こす可能性があります。最も安全性の高い素材はセラミックで、チタンやチタンと金の合金も安全と考えられています。インプラントはチタンのため安定していますが、特にイオンクリーニングしたインプラントは安心です。

インプラント手術後に注意することはありますか?

手術当日は、激しい運動、入浴(長湯しなければシャワー等は問題ありません)、飲酒も避けてください。
また、感染を防ぐため、出された薬をきちんと飲んでください。うがい薬は手術翌日から使い、患部を清潔に保ってください。

インプラント治療が適用できない場合はありますか?

以下の方は症状によりインプラント治療が適用できない場合があります。

・顎の骨の成長が終わっていない、概ね20才以下の方
・歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
・アルコール依存症の方
・CT撮影を行っていない方
・チタンアレルギーの方

以下の方は症状によりインプラント治療が可能の場合がございますので、一度ご相談ください。

・高血圧
・心臓病(狭心症、心筋梗塞、弁膜症、人工弁置換術後、ペースメーカー埋め込みなど)
・脳血管障  害(脳梗塞、脳出血など)
・糖尿病、腎臓病(慢性腎不全、腎透析など)
・甲状腺疾患、血液疾患(白血病、再生不良性貧 血など)

金属アレルギーの主な症状


現時点でわかっている金属アレルギーは以下の通りですが、健康の悪化に大きく影響していることがわかります。

皮膚症状(アレルギー反応)
手足のかぶれ・シミ、シワ、肌荒れ、老化・痛み(ガルバニ電流)・・・・・肩こり・ひざの痛み・頭痛 ・神経症状(水銀毒、重金属毒)・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調

物忘れ ・全身病(病原菌との相互作用)・心筋梗塞・脳梗塞・アトピー様症状・発癌・糖尿病

インプラント手術の際に入院が必要ですか?

基本的には入院の必要はありません。
手術当日にお帰りいただけます。
ただし、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には入院して手術を行なうこともあります。

治療期間と費用はどのくらいかかるのでしょうか?

インプラントを埋入した部位や個人によって差がありますが、2ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。

歯を失っている部分が1本だけであれば当然治療期間も短くすみます。
逆に複数の歯を失っていれば、治療期間は長くなってきます。

当院の費用にはCT撮影費、麻酔費用が含まれていることにご注目ください。他院ではこれだけで10万円程度はかかるはずです。

費用は奥歯で見た目を気にされないということであれば、
国産インプラント体18万円(ドイツ製の場合25万円)+既成アバットメント4万円(ドイツ製の場合6万円)+ハイブリッドセラミッククラウンまたは合金クラウン8万円(ジルコニアクラウンの場合14万円)で30万円となります。

費用は前歯の治療がもっとも高価となってきます。なぜなら審美的用件を満たさなければならないからです。

前歯の場合ドイツ製インプラント体1本25万円+ジルコニアアバットメント8~10万円+ジルコニアクラウン15万円で50万円前後が目安となります。骨の造成が必要な際は別途となります。

何かご質問があれば無料相談も行っておりますので045-849-1344へお電話ください。

インプラントの利点と欠点は何ですか?

【インプラントの利点】
固定式なので、安定性がよい
自分の歯と同じような感覚で噛む事ができ、食べ物の味や感触が良くわかる
周りの歯を傷つけない
残っている歯を守ることができる
入れ歯の安定に用いる方法もある
入れ歯の違和感をなくすことができる


【インプラントの欠点】
外科手術を行う
健康保険適応外なので、高価である
治療期間がかかることもある(骨造成が必要な場合等特別な際)

危険な金属の見分け方は?

自分でもわかる危険な金属
歯グキや境目の部分が黒ずんでいる、あるいは、入れた時はピカピカだったのに色がくすんできた・・・等は金属が溶出しているケースです。特に、口の中に複数の金属があるとリスクが高くなります。

複数の金属は危険
唾液は電導性が高いために、金属が一本でもガルバニック電流が生じます。特に、口の中に種類の違う金属があると、金属間で強い電流が発生しやすくなります。問題のある金属を一本はずしただけで、症状が一気に改善することがあります。

インプラントと金属アレルギーの関連は?

金属アレルギー治療のためのインプラント
入れ歯のバネ(金具)やブリッジの金属はアレルギーを起こす可能性があります。歯根に純チタン製のインプラントを用い、歯冠部にセラミックを使えばアレルギーリスクがありません。機能や外見上の問題だけでなく、金属アレルギーの予防の点からもインプラントは有用な方法です。

金属アレルギーとチタンインプラント
チタンは、大気中では酸化チタンの被膜に覆われるために、金属イオンが溶出しません。これが、チタンがアレルギーをおこしにくい理由です。インプラントには、純度99.9%以上の純チタンが用いられます。ブリッジには、チタンと金の合金が使われてきましたが、最近ではジルコニアやファイバーを用いたノンメタルブリッジが普及してきています。

金属アレルギーの治療費用は?

基本的に保険外診療となります。
当院では、金属を全く使わないジルコニアセラミックスクラウンが被せ物の基本となり、1本14~15万円となります。小さな詰め物の場合、ハイブリッドセラミックが30000~35000円、オールセラミックで50000~60000円となります。したがって、1本あたりの費用×本数と考えて頂ければと思います。

例えば前歯犬歯から犬歯までの6本を治療させて頂くと15万×6本で90万円となります。
金属を外す治療というのは審美的にも大きな改善を得られるので、体のためでもあり、審美的でもあります。

当院とおつきあいのある技工士さんの作るセラミックを提供している医院の中では決して高くない費用です。技工士さんも人間です。技術も人それぞれです。セラミックという名前で一括りにしてしまわずに、本当に良い物、技術の粋の結晶をご自身のお口の中に使ってみてはいかがでしょう。一度入れたら長く使う物なのですから。

服や鞄などにお金をかけるよりもずっと価値のある物だと思います。

2009年11月14日

お子様の治療(小児歯科)・かみ合わせの誘導(咬合誘導)

今でこそ、小児歯科・咬合誘導という言葉が少しづつ認知されてきておりますが、なじみにくい方もいらっしゃるかと思います。

お子様の歯医者選び、皆様迷われるかと思います。

小さい子が病院と場所を嫌うのは仕方がないことです。当院ではできるだけ歯医者らしさを感じさせないようにしております。待合室内にはキッズスペースを設けました。ご兄弟でお越し頂いたときは、キッズスペース内で遊んでいて頂く、またお母様の治療の際もご遠慮なくお子様を連れてきて頂けるようにしております。

治療内容としては、小さな虫歯の治療が多くを占めております。ただし、早期治療が肝要で、できるだけお子様が痛い・しみるという言葉を発する前にお連れ頂きたいと思います。仕上げ磨きをしていて、少し黒いかもな・・・と思ったら、その時点で当院へお連れください。予想以上にお子様の虫歯の進行は早いものです。見た目が少し黒いだけでも中で大きく広がってしまっていることも珍しくありません。

また、生え替わりも気になるところですね。ポイントは左右対称かどうかです。片方が抜けたのに反対側が中々抜けない・生えてこない。これは注意した方がよろしいです。永久歯が顎の中でよその方向を向いていたりすることがあります。そのままではきちんと生えてこなかったり・・・なんてことにならないように気になったら当院へお越しください。

さらに生え替わりにも関係するのですが、お子様の歯並び、かみ合わせもとても大切です。早いうちからの治療は成長という成人になってからでは決して用いることのできないものを利用できます。そのため、かみ合わせの誘導(咬合誘導)といいます。顎の小さい子は広げてあげたり、かみ合わせの低い子は高さを上げてあげたり。早いうちにやっておくと、成長を利用しながら治療が行えます。

歯医者は嫌い!だって、痛いし・・・怖いし・・・と思っていませんか?

昔から歯医者は痛くて怖くて嫌な思いをするところと思われております。
私も小さい頃歯医者は大嫌いでした。
なぜなら、待たされるし、ほとんど説明なくいきなり歯を削られ、しかも痛くて・・・
探してみると中々良いところが見つかりません。
でも、痛い・怖いということに関しては患者様に感じさせないで治療ができる時代になっております。
通常の保険診療の中でも麻酔のやり方一つでかなりお痛みを感じさせずに麻酔をすることが可能です。
また、どうしても怖いという方には静脈内鎮静法という方法がございます。(後述)
当院は今出てきたネガティブな要素を極力排除した診療スタイルを取っております。
すなわち、

・お待たせせずに
・説明をしっかりと行わせて頂き
・できるだけ痛くない・怖くない歯科治療を行う

無痛歯科治療についてご相談があれば何なりとおっしゃってください。

金属アレルギーの概要

メタルフリー治療近年、歯科の領域で使用されている金属類が原因となり、皮膚など身体に有害な影響を及ぼす事例が報告され始めています。これらの問題は、雑誌やテレビでも取り上げられつつあり、ご存知の方も多いかと思います。歯科と関係するアレルギーのほとんどは、歯科金属によるものと推測されますが、通常の歯科医院において皮膚、内科、外科など医科の問題として対処することが制度的な制約もあり、現在のところ非常に困難な状況です。一方、一般の病院や医院においては、アトピー性皮膚炎や膿胞症などの皮膚疾患で医科を受診されても原因不明と判断されることも多く、ただ延々と漫然な治療が繰り返されるだけの結果となっています。しかし、疾患の経過中に偶然に歯の治療をした結果、身体の状態が良くなり慢性的な疾患が回復した例がいくつか見受けられたりします。このようなことから、今後は歯科領域と医科領域との一層の連携や協力が強く求められていきます。


金属アレルギーの診療内容
診察や検査では、本当に金属が原因なのか、その金属は歯の金属なのか、他の誘因や原因との関係はないかなどを詳細に調べていきます。しかし、歯科金属と身体疾患との間の因果関係を明確化させることは困難な場合が少なくありません。このため、現在のところ歯の金属を外せば身体の原因不明な疾患は必ず治るというものではなく、除去すれば治る可能性もあるといったスタンスを取らざるを得ません。また、いま現在は健全と思われる身体でも、金属が入っていると、徐々に進行する金属の漏出や酸化変性、錆(さび)、イオン化など、金属の有害成分の微量な蓄積によって将来において大きな問題を発生させてしまうことは充分に考えられます。


どうしたらよいか?
このように話すと、これまでの歯科治療は間違いだったのかと言えば、そうではありません。これまでの歯の修復治療では、強度や加工性に主眼が置かれていたため、このような金属による身体への問題はあまり考慮されてきませんでした。

いっこうに良くならない難治的で慢性的な症状が続き、もしも歯に金属が含まれているならば、歯科金属が身体に何らかの影響を及ぼしている可能性があり、原因となっているアレルゲンの検索と完全な除去が治療の方向性となります。金属アレルギーの検査には、よく知られているパッチテスト以外にも、ユニークないくつかの検査方法があります。

もし、口腔内にアレルゲンとなる金属が認められた場合、美的な面も含めて、一度「メタルフリー・ノンメタル歯科治療」をご検討されてはいかがでしょうか。

歯科金属が体に悪影響を与えていることがある。これは紛れもない事実なのです。

2009年11月11日

当院の費用についての考え方


当院では、適正な価格で治療を提供させて頂くことが大切だと考えております。

私は保険医ですから、当然保険治療を行います。ただ、近年かなり騒がれていることでご存知かもしれませんが、保険診療というものが国から正当に評価されていないように感じることも事実です。それでも保険医としてやれることは保険という制限の中、できるだけ保険診療を行うようにしております。

大前提として歯科は、医療です。

スーパーマーケットで物を売る時のように、原価がいくらだから、利益をいくらにして...という簡単な計算は成り立ちません。医療には、診断や手術などの複雑な要素が絡まってきます。

例えば、セラミック加工をお願いしている歯科技工士さん(彼とは強い信頼関係で結ばれています)は、非常に質の高い修復物を作ってくださる方です。銀座で院長をしていた頃からずっとのお付き合いで、ジルコニアに関しては試作の頃から一緒にやってきました。おかげさまで数百本以上のジルコニアクラウンを患者様に提供させていただいてきました。

また、インプラント手術では、必ずCT撮影を行います。患者様の不安を取り除くために、麻酔医も常駐させています。こんな環境を考えると、当院の治療費はやや安価といえるかもしれません。

値段の安い治療=よい治療  ではない。

その場限りではなく、長い目で見たとき、本当に納得できる価格で治療を提供することが大切だと考えております。

価値をご理解いただける方には、求めていらっしゃるクオリティーを提供することのできる技術・環境を医院は整える義務があります。当院はそれを世界水準で整えたいと器具・機材・水に至るまでの診療環境を整えております。そこまで含んだ適正費用での診療を行わせて頂きたいと考えております。

皆様にご理解いただけると嬉しく存じます。

2009年11月10日

インプラントの費用について

インプラントの構造インプラントに関しては(歯根)+(土台)+(かぶせ物)が1セットになります。

また、インプラントを埋入するにあたり、骨が足りない場合として、骨を追加する手術費がかかります。

インプラント手術では、必ずCT撮影を行います。患者様の不安を取り除き、無痛治療を行うために、麻酔医も常駐させています。
通常の歯科医院ではCTを持っていないところがほとんどです(日本の歯科医院の2~3%)ので撮影費用が数万円別途、麻酔料金5~10万円がインプラント治療に加算されております。当院では治療費用に含んでおります。
こんな環境を考えると、当院の治療費はやや安価といえるかもしれません。

【料金の一例】
奥歯にインプラント1本埋入した場合。ドイツ製の場合費用は異なります。

インプラント埋入×1本=20万円(CT撮影含む)
 + 土台×1本=4万円(既成アバットメント)
 + かぶせ物×1本=10万円(オールセラミッククラウン)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
          計34万円

2009年11月 9日

インプラント検査・埋入費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜き)
初診料 インプラント検査 レントゲン撮影や、口腔内の検査などを行います。 保険診療
特別な場合を除く
CT撮影 CT撮影 CT撮影を行うことで、より正確な手術を行うことが可能になります 無料
(当院で手術を行う場合)
インプラント手術 インプラント手術 インプラントの埋入手術です 200,000円~
(1本あたり)
インプラント手術
静脈内鎮静法
インプラント手術 ドイツ製インプラントをを使ったインプラントの埋入手術です 250,000円~
(1本あたり)

2009年11月 8日

土台(アパットメント)費用

項目 内容 価格(税抜き)
既成アバットメント 奥歯のシンプルな場合 40,000円
カスタムアバットメント ある程度審美性を要求する場合 60,000円~
ジルコニアアバットメント・
PGAアバットメント
審美性にこだわる場合 80,000円~
※素材に関しては患者様のお口の状態やご要望に応じて提示させて頂きます。

2009年11月 7日

骨が足りない場合の手術費用

項目 内容 価格(税抜き)
サイナスリフト 上顎と上顎洞の間に、特殊な器具を用いて上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入します。骨の密度を高まるので歯槽骨の高さが確保されます。 250,000円
ソケットリフト 特殊な器具を用いて、上顎洞の底部を押し上げインプラントを埋入するスペースを確保します。 100,000円
GBR 歯を失った場所の歯茎の幅が、インプラントの径より狭い場合、人工骨や自家骨(じがこつ:自分の骨)を使い、その箇所を人工皮膜で覆い骨を形成します。 50,000円
※価格は1回の手術でかかる費用になります。

2009年11月 6日

抜歯即時インプラント

通常かぶせ物をセットするまで3ヶ月~半年かかる治療を即日で仮歯まで入れる治療法です。
最終のセラミックが入るのは3ヶ月後程度になります。
項目 内容 価格(税抜き)
抜歯即時インプラント インプラント手術(埋入)費、土台(アパットメント)費、仮歯費が含まれます 450,000円~

2009年11月 4日

被せ物(クラウン)費用

項目 イメージ 見た目 耐久性 価格(税抜き)
保険銀歯 保険銀歯 良くない あまり良くない 保険適用
保険プラスチック 保険プラスチック あまり良くない 良くない 保険適用
PGA(白金加金) PGA(白金加金) 良くない 非常に良い 80,000円~
オールセラミック(奥歯) オールセラミック(奥歯) 非常に良い 良い 100,000円
オールセラミック(前歯) オールセラミック(前歯) 非常に良い 良い 140,000円
メタルセラミック メタルセラミック 非常に良い 良い 120,000円
ジルコニア(奥歯) ジルコニア(奥歯) 非常に良い 非常に良い 120,000円
ジルコニア(前歯) ジルコニア(前歯) 非常に良い 非常に良い 150,000円
ジルコニア
(前歯や見た目をよりこだわる場合)
ジルコニア(奥歯) 非常に良い 非常に良い 130,000円~140,000円
※インプラントのかぶせ物の場合も同費用です。
※インプラントの場合、保険銀合金・保険プラスチックは適用されません。予めご了承下さい。
※自由診療の保証期間はすべて1年です。

症例一覧

インプラントの症例紹介
審美歯科の症例紹介
矯正歯科の症例紹介
歯周病の症例紹介
歯内治療の症例紹介
金属アレルギー治療の症例紹介
入れ歯・虫歯治療の症例紹介
咬合誘導の症例紹介

ラミネートベニア

項目 イメージ 見た目 耐久性 価格(税抜き)
ラミネートベニア ラミネートベニア 非常に良い 良い 120,000円
※自由診療の保証期間はすべて1年です。

2009年11月 3日

部分的な詰めもの(インレー) 費用

項目 イメージ 見た目 耐久性 価格(税抜き)
保険銀歯 保険銀歯 良くない 普通 保険適用
PGA(白金加金) PGA(白金加金) 良くない 非常に良い 45,000円~55,000円
オールセラミック オールセラミック 非常に良い 良い 50,000円~60,000円
※自由診療の保証期間はすべて1年です。

矯正治療費用

成人矯正 800,000円+調整料(1回5,000円)
小児咬合誘導 100,000円~

※価格は税抜きになります。


2009年10月 « トップへ » 2009年12月


文字サイズ
を変更する