2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日

2009年4月14日

インプラントの症例紹介

【下顎の義歯の不快感をなくしたい】
下顎の義歯の不快感をなくしたい01歯がない部分には、周りの歯を支えとして大きな入れ歯が入っています。
下顎の義歯の不快感をなくしたい02インプラントにすることで、取り外しのわずらわしさ、
入れ歯の違和感から解放されます。

【上下の義歯を固定性にしたい】
上下の義歯を固定性にしたい

【上下顎インプラントに磁性アタッチメントを用いた取り外し式義歯】
上顎はインプラント固定性、下顎はインプラントに磁性アタッチメントを用いた取り外し式義歯のケースです。
上顎はインプラント固定性、下顎はインプラントに磁性アタッチメントを用いた取り外し式義歯

【部分入れ歯からインプラント(1)】
部分入れ歯からインプラント(1)

【部分入れ歯からインプラント(2)】
部分入れ歯からインプラント(2)

【部分入れ歯からインプラント(3)】
部分入れ歯からインプラント(3)

【総入れ歯からインプラント(1)】
総入れ歯からインプラント(1)

【総入れ歯からインプラント(2)】
総入れ歯からインプラント(2)

【前歯2本をインプラント治療】
前歯2本をインプラント治療

【前歯1本抜歯後インプラントにて治療】
前歯1本抜歯後インプラントにて治療

【左上犬歯を抜歯即時インプラントで治療】
左上犬歯を抜歯即時インプラントで治療

※自由診療全般に保証期間を設けております。
※被せ物・詰め物は材質ごとに保証期間が異なります。費用のページをご参考にしてください。
※インプラント体にトラブルがあった場合には5年間無償で再手術をさせて頂きます。
※3~6か月の定期検診に起こし頂くことが前提となります。

自由診療専門の技工士さんによる、笑顔を作る歯

前歯4本をファーバーコア・オールセラミッククラウンで治療現在の歯科治療で審美を考えない治療ということはほとんどなくなってきているかと思いますが、昔から明眸皓歯(めいぼうこうし)と言われているように明るい笑顔にはきれいな歯がセットになってきます。

唇に沿って前歯が綺麗に並ぶだけで笑顔がぐっと素敵になります。スマイルラインといいます。もちろん、色、形態もお一人ごとにしっかりとカスタムメイドする必要があります。

当院では自由診療のセラミック専門技工士さんの立会いの下、患者様のセラミックを作成させて頂きます。
用いる材料はジルコニアセラミッククラウン、ポーセレン(セラミック)ラミネートベニア、セラミックインレー(小さな詰め物)などになっております。

差し歯と歯ぐきの境目が気になる、周りの歯と色が合っていない形が気になるなどの治療を得意としております。

お口の中に一度入ったら、長く使う物です。せっかくでしたらしっかりと綺麗にしてみませんか?そのお手伝いをさせて頂きたいと思います。

インプラント専門医が審美歯科?と思われるかもしれませんが現在はインプラントで天然歯と見まがうばかりの治療をする時代で、それが何よりも難しい審美歯科治療です。私たちインプラント医はその困難な審美歯科治療に日々携わっております。その上で、周りの歯も同様に審美的に仕上げるというのはごく自然なことと考えております。

審美歯科という言葉は、好きではありません。

突然ですが、私は"審美歯科"という言葉自体、あまり好きではありません。歯科医は、歯の美しさ、綺麗な口元、素敵な笑顔を常に考えながら治療を行うべきであり、審美歯科は当然のことと考えているからです。

その上で治療法やポリシーについて、いくつかお話したいと思います。

最近非常に目にするものに、"ホワイトニング"があります。ご存知かもしれませんが、薬剤やレーザーを使って歯の色を白く・明るくする治療です。

当院では基本的に、ホームホワイトニングという方法を取っております。私自身、自らの口で様々なホワイトニングを試してきました。経験上、最も不快症状が少なく、結果が伴うのはホームホワイトニングだと実感してきたからです。
ホームホワイトニングの材料も、私自身が自らこだわりぬいて選んでおります。濃度も患者様の歯の質、色味によって数種類ご用意しております。

当院ではジルコニアと呼ばれる材料を非常に多く用いています。これは金属アレルギーの方でも、安心して使用できる素材。前歯の治療ではほぼ100%金属を全く使用しない材料を用いています。一貫して、メタルフリーというコンセプトのもと、治療を行っているのです。

私は、機能の伴わない審美は、本当の審美歯科ではないと考えております。それゆえに噛み合わせ、被せる物(クラウン)の形態にも強いこだわりを持っております。

前歯の治療ではクラウンの形態や色調だけではなく隣の歯との、歯茎の連続性を考慮しなければなりません。そのため、歯肉に対する外科処置も頻繁に行っています。

ラミネートベニア、セラミックインレーによる治療も決して特別なものではない日常の診療です。
患者様の今の状況に合わせた、最小限の治療で最大限の結果を出せることを常に心がけております。

説明の無い治療、費用が不明確な治療は決して行っておりません。まずは、来院してご相談ください。

選べる2種類のホワイトニング

医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)とご自身で行っていただくホワイトニング(ホームホワイトニング)があります。

私自身はよほどのことがない限りホームホワイトニングをお薦めします。少し時間はかかりますが、仕上がりがよりきれいで後戻りを起こしにくいからです。

私自身の口で何種類ものホワイトニング剤を試してきた結果今の材料がもっとも効果があると感じております。

神経のない歯の変色に対しては、歯の中からのホワイトニングを行うこともできます。ウォーキングブリーチといいます。数年前までは保険で行うことも認められていたのですが、現在は保険診療適応外となっております。

素材のお話(差し歯という言葉をよく聞きますよね?)

みなさん差し歯という言葉を一度は聞いたことがあるのではないかと思います。そこで、差し歯の治療について少しお話を。
確かに昔は歯冠継続歯という、残った歯の根に被せ物を差し込むような形での治療も行われておりました。現在はほとんど行われなくなっている治療法なのですが、どうも日本人には差し歯という言葉が馴染みがあるようです。
金属でできた芯にプラスチックなどで歯の冠の部分を作っていたのがその頃のやり方です。
現在は神経のない歯であれば、穴を埋めるための芯を独立して立てます。その後被せ物も独立して被せます。したがって、差し歯というよりも、被せ物の歯(クラウン)という言葉が適切になってきます。
保険診療の場合通常は芯を金属で作ります。その後クラウンを被せていきます。どの金属も金属アレルギーを起こすリスクがあります。
自由診療の場合、芯をファイバーコアという、歯に優しく、色も白い物を用います。その後、前歯を綺麗に仕上げたければジルコニアクラウンを用いて被せていきます。この組み合わせが現在最も歯に優しく・綺麗で・丈夫な治療法です。
治療例はこちらです。
差し歯の治療、綺麗な差し歯にしたい、言葉が正しいかどうかなんてどうでも良いことです。
せっかくですから、綺麗に治して、素敵な笑顔、口元からこぼれる白い歯を手に入れてみませんか?
ご相談はいつでも承っております。

成人矯正について

叢生(乱ぐい歯)、開咬当院の成人矯正は、基本的にマルチループアーチワイヤーという装置を用います。一気に多くの歯の位置のコントロールを行うことができるのが特徴で、治療期間が比較的短く済みます。また、見た目ももちろんですが、機能を大切にした位置に歯を動かしていきます。

いわゆる、出っ歯・受け口(上顎前突・下顎前突)・すきっ歯などに対して、歯を削ることなく行える矯正治療。少し時間はかかるかもしれませんが、長い目で見ると非常に価値のあるものだと考えております。

もう一つの特徴として、非抜歯治療が基本となります。ただし親知らずの抜歯は、ほぼ必ず行います。


※自由診療全般に保証期間を設けております。

審美歯科の症例紹介

【下顎の義歯の不快感をなくしたい】
下顎の義歯の不快感をなくしたい01歯がない部分には、周りの歯を支えとして大きな入れ歯が入っています。
下顎の義歯の不快感をなくしたい02インプラントにすることで、取り外しのわずらわしさ、
入れ歯の違和感から解放されます。

【上の前歯6本をファイバーコア・ジルコニアクラウンを用いたケース】
無上の前歯6本をファイバーコア・ジルコニアクラウンを用いたケース

【前歯4本をファーバーコア・オールセラミッククラウンで治療】
前歯4本をファーバーコア・オールセラミッククラウンで治療

【歯と歯ぐきの境目が黒ずんだメタルセラミッククラウンをジルコニアクラウンで治療】
歯と歯ぐきの境目が黒ずんだクラウンをジルコニアで治療

【前歯2本をインプラントはジルコニアアバットメント、両隣りの歯を含めジルコニアクラウンで治療】
前歯2本をインプラントはジルコニアアバットメント、両隣りの歯を含めジルコニアクラウンで治療

【変色歯をオールセラミッククラウンで治療】
変色歯をオールセラミッククラウンで治療

【ポーセレンラミネートベニア・ジルコニアクラウン・ホワイトニング】
ポーセレンラミネートベニア・ジルコニアクラウン・ホワイトニング
結婚式があるため、1カ月で治療

【ラミネートベニアで前歯2本を治療】
ラミネートベニアで前歯2本を治療

※自由診療全般に保証期間を設けております。
※被せ物・詰め物は材質ごとに保証期間が異なります。費用のページをご参考にしてください。


2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日


文字サイズ
を変更する