トップへ » 快適な院内環境 » 院長について » 夏も終わりに近づいた、8月24日。

夏も終わりに近づいた、8月24日。

私は神奈川県・川崎市にある日本鋼管病院というところで、この世に生を受けました。父、秀男。母、紀子。両親双方に一字づつ受け継ぎ、"秀紀"と名付けられました。両親にとっては、非常に分かりやすい名前です。

生まれ育ったのは、横浜市金沢区。カナリヤ幼稚園時代は背の小さい子でした。一見、おとなしそうな子に思えるでしょう?

でも、家に帰るとなぜか靴下が片方ないことが度々...そう、当時から、わんぱくな子だったようです。そんな私を見かねた母は、一足なくしてもペアが作れるように同じ靴下を買いだめしてたとか・・・。

そうそう、当時苦手だったのは、滑り台。高いところが苦手な子でした。このへんは、今でもかわっていませんね(笑)。


トップへ » 快適な院内環境 » 院長について » 夏も終わりに近づいた、8月24日。


文字サイズ
を変更する