トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 金属アレルギーQ&A » インプラントと金属アレルギーの関連は?

インプラントと金属アレルギーの関連は?

金属アレルギー治療のためのインプラント
入れ歯のバネ(金具)やブリッジの金属はアレルギーを起こす可能性があります。歯根に純チタン製のインプラントを用い、歯冠部にセラミックを使えばアレルギーリスクがありません。機能や外見上の問題だけでなく、金属アレルギーの予防の点からもインプラントは有用な方法です。

金属アレルギーとチタンインプラント
チタンは、大気中では酸化チタンの被膜に覆われるために、金属イオンが溶出しません。これが、チタンがアレルギーをおこしにくい理由です。インプラントには、純度99.9%以上の純チタンが用いられます。ブリッジには、チタンと金の合金が使われてきましたが、最近ではジルコニアやファイバーを用いたノンメタルブリッジが普及してきています。


トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 金属アレルギーQ&A » インプラントと金属アレルギーの関連は?


文字サイズ
を変更する