トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 金属アレルギーQ&A » 金属アレルギーの原因は?

金属アレルギーの原因は?

金属アレルギーの発現頻度はピアスなどの装飾品による場合が多く、口の中の金属の発症比率は少ないのですが、金属アレルギーとわからないまま慢性的な症状が続いたり、明確な症状が出ないために金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があります。アマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)はアレルギーをおこしやすいのですが、金合金であっても、アレルギーを起こす可能性があります。最も安全性の高い素材はセラミックで、チタンやチタンと金の合金も安全と考えられています。インプラントはチタンのため安定していますが、特にイオンクリーニングしたインプラントは安心です。


トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 金属アレルギーQ&A » 金属アレルギーの原因は?


文字サイズ
を変更する