トップへ » 最新設備をそろえた医院 » インプラントQ&A » インプラントの適応症は?

インプラントの適応症は?

■ブリッジで両隣の健康な歯を削ることに抵抗のある方
ブリッジ治療をする場合、ブリッジの土台にするために虫歯がなくても隣の歯を削る必要があり ます。
場合によっては、削るだけでなく神経を抜かなくてはならなくなります。
インプラント治療なら、隣の歯を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することができます。

■一番奥の歯を失い、ブリッジができない方
ブリッジは、両隣に支えとなる歯がないと治療ができません。
一番奥の歯を失った場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかになります。たった一本の欠損に「入れ歯」を使うということに抵抗を感じる方にはインプラントがお勧めです。

■入れ歯を取り外して清掃することにわずらわしさを感じる方
入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりません。
家族の前ですら、入れ歯をはずしているところを見られたくないという方は多くいらっしゃいます。清掃が不十分だと歯周病(歯槽膿漏)の原因となります。

■入れ歯が合わず何度も作り直している方
入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がどんどんやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れることがあります。

■固いものが噛めず食事を楽しめない方
入れ歯は天然歯の1/10程度の咀嚼圧になります。総入れ歯の場合は特に硬いものを噛むときに痛みを覚えます。
また、歯肉全体を入れ歯の装置が覆うので、食べ物の触感や温度が分かりにくくなり食事の楽しみが半減してしまいます。

■入れ歯でしゃべりにくい方
入れ歯を使い始めてすぐは、発音のしづらさを感じます。人前で話す機会の多い方や英語を話す方は入れ歯により発音が不明瞭になります。




トップへ » 最新設備をそろえた医院 » インプラントQ&A » インプラントの適応症は?


文字サイズ
を変更する