トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 歯内治療(根の治療) » 歯内治療とは、「神経の処置」のこと

歯内治療とは、「神経の処置」のこと

左下第一大臼歯の根管治療しないちりょう」と読みます。読んで字のごとく、歯の中の治療です。神経が細菌に感染した際や、外傷によって炎症を起こした際などに、歯内治療が必要になってきます。

歯の神経はそもそも歯に囲まれて無菌な状態です。ですが、虫歯がひどくなると神経が細菌に侵され、歯が痛み始めます。そうなると、神経を取り除く治療が必要になってきます。

大切なことは根の中に、再感染を起こさないこと。可及的に無菌的治療を行い、根の中を綺麗にした後に、空洞を封鎖します。


※自由診療全般に保証期間を設けております。
※被せ物・詰め物は材質ごとに保証期間が異なります。費用のページをご参考にしてください。


トップへ » 最新設備をそろえた医院 » 歯内治療(根の治療) » 歯内治療とは、「神経の処置」のこと


文字サイズ
を変更する