トップへ » 最新設備をそろえた医院 » ホワイトニング・審美歯科 » 素材のお話(差し歯という言葉をよく聞きますよね?)

素材のお話(差し歯という言葉をよく聞きますよね?)

みなさん差し歯という言葉を一度は聞いたことがあるのではないかと思います。そこで、差し歯の治療について少しお話を。
確かに昔は歯冠継続歯という、残った歯の根に被せ物を差し込むような形での治療も行われておりました。現在はほとんど行われなくなっている治療法なのですが、どうも日本人には差し歯という言葉が馴染みがあるようです。
金属でできた芯にプラスチックなどで歯の冠の部分を作っていたのがその頃のやり方です。
現在は神経のない歯であれば、穴を埋めるための芯を独立して立てます。その後被せ物も独立して被せます。したがって、差し歯というよりも、被せ物の歯(クラウン)という言葉が適切になってきます。
保険診療の場合通常は芯を金属で作ります。その後クラウンを被せていきます。どの金属も金属アレルギーを起こすリスクがあります。
自由診療の場合、芯をファイバーコアという、歯に優しく、色も白い物を用います。その後、前歯を綺麗に仕上げたければジルコニアクラウンを用いて被せていきます。この組み合わせが現在最も歯に優しく・綺麗で・丈夫な治療法です。
治療例はこちらです。
差し歯の治療、綺麗な差し歯にしたい、言葉が正しいかどうかなんてどうでも良いことです。
せっかくですから、綺麗に治して、素敵な笑顔、口元からこぼれる白い歯を手に入れてみませんか?
ご相談はいつでも承っております。


トップへ » 最新設備をそろえた医院 » ホワイトニング・審美歯科 » 素材のお話(差し歯という言葉をよく聞きますよね?)


文字サイズ
を変更する