トップへ » オーラル・リハビリテーションのご提案 » 部分的な機能回復が中心だったこれまでの歯科治療

部分的な機能回復が中心だったこれまでの歯科治療

これまでの歯科治療では多くの場合、
痛くなったところ、詰め物がとれたところ、
穴が開いたところ、歯が抜けたところ、
などの部分的なところを主体として治療がなされてきました。

もちろん、そういった部分の治療をすることは大切です。
しかし、それだけで良いのでしょうか?
何らかの不具合が出てきている場合に、その原因となっているのは
その顕在している部分だけなのでしょうか?

もっと根本的に原因を除去し、機能回復を得られる治療計画を立てる
必要性があるのではないでしょうか?

その証拠に、部分的な治療を繰り返し行ってきた結果が、
さらに悪い状態になってしまった...という方は、本当にたくさんいらっしゃいます。

患者さんの希望が、部分的な治療に限局されている場合は
もちろんあるでしょうが、根本的な治療やケアの必要性を
患者さんへ伝える努力を怠ってきた医療機関側の責任は重大です。


トップへ » オーラル・リハビリテーションのご提案 » 部分的な機能回復が中心だったこれまでの歯科治療


文字サイズ
を変更する