トップへ » 一日で噛めるインプラント治療  All-on-4 » All-on-4のポイントその3

All-on-4のポイントその3

術後の腫れや費用の負担が少ない!


通常、すべての歯を失った場合片額で12本の歯を支えるのに8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。
そのため、手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、身体的な負担がありました。
また、費用の面でもインプラントを埋め込む本数が多くなればなるほど高額になるという不安要素もありました。
しかしAll-on-4は骨の状態にもよりますが、最小4本のインプラントですべての人工歯を支えることに成功。
術後の腫れや、費用の面での負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法です。
当院での治療では麻酔の際は歯科麻酔学会認定医 老川暁子 が麻酔を担当しますのでご安心ください。


トップへ » 一日で噛めるインプラント治療  All-on-4 » All-on-4のポイントその3


文字サイズ
を変更する